梅もぎ

今年も 阿見町にある キリン協和フーズさんから、
梅もぎのお誘いを いただきました。
1
去年も書きましたが、もう10年以上前から、毎年欠かさず 声をかけていただいてます。
キリン協和フーズさんが 「協和発酵」 だった当時の製品である、「梅酒」 の原料となっていた梅の木を、今でも社員の皆さんが大切に手入れして、市民に 「梅もぎ」 の声をかけてくださっているのです。

234
わーくす に実習に来ている高等部生2名も、一緒に参加しました。

職員の方が、実を落としてくださいます。
5
5-2
678
実が集まった頃を見計らって、持ち帰るための箱も 組み立ててくださいます。
9 10
たくさん 集まりました。

11
キリン協和フーズの皆さん、今年もありがとうございました。

ポランの施設に帰って、梅の実を 大きさごとに仕分けます。
1213
梅干し、梅ジュース、梅ジャムに加工して、またまた1年間、みんなで大切に食します。


季節ごとの恵みの収獲を、こうして地域の方々に忘れずに声掛けしていただき、自分たちで加工して、大切に食し楽しめる 「幸せ」。
昨年の 震災による原発事故の後、こういう 「幸せ」 に 「重さ」 があるんだということを、つくづく知るようになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人 ポランのひろば

Author:NPO法人 ポランのひろば
ポランな毎日 は、NPO法人ポランのひろば が運営する、指定障害福祉サービス事業 ポランのひろば の毎日です。どうぞお立ちよりくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR