真壁のひなまつり

今日は、ポランの沼崎施設から見ると、ちょうど筑波山の裏側にある 真壁(まかべ)の町に、ひなまつりの飾りを観に行きました。

1
2
3
真壁は歴史のある古い町で、300軒余りの見世蔵、土蔵、門などが軒を連ねています。その中の99棟が (別資料によると104軒) 国の登録有形文化財に登録され、平成22年に国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されました。
10
住民たちが町おこしを考える中で、「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなせないか」という思いから、毎年この時期に100軒を超す家が、古くも新しくも様々なおひなさまを飾って、訪ねて来る人をもてなします。
4
5
6
7
江戸、明治、大正、昭和、平成、歴史あるひな人形や、手作りのつるし雛、地元特産のみかげ石で作ったひな人形など、思い思いのひな人形が家々に飾られます。
8
9
「今日は3月中旬のぽかぽか陽気」 と、天気予報が言うほど暖かくはありませんでしたが、明るい日差しの中、みんなでゆったり時間を過ごしました。
11
みんなが留守の沼崎施設。さち もゆったり、自由時間を満喫しました
スポンサーサイト
プロフィール

NPO法人 ポランのひろば

Author:NPO法人 ポランのひろば
ポランな毎日 は、NPO法人ポランのひろば が運営する、指定障害福祉サービス事業 ポランのひろば の毎日です。どうぞお立ちよりくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR